階層教育(通信教育)

534

仕事の知識はもちろんですが、一番必要なことは人間力だと感じました

[2020年入社]  FAシステムソリューション部 エンジGr
実務職層(Ⅰ)
くりくり

階層教育を受講して学んだのは、どんなことですか?

私はこの通信教育を通して、3つの気づきがありました。
一つ目はホウレンソウの大切さです。特に自分は方向が一番大切だと感じました。ミスなどをしたときに自分で原因を見つけることも大切だと思いますが、まずは先輩への報告を最優先にしてどんな状況なのかをしっかり伝えることが大事だと思いました。
二つ目はまずは相手の話をしっかりと聞いたり、また相手の伝えたい内容をしっかりと伝えたりなど、基本的なビジネススキルが仕事をしていく上で大切だということです。そこから仕事への知識や作業の仕方などを覚えていくことで仕事を効率よく作業ができると知りました。
三つ目は中身とは関係ないのですが、問題文をしっかりと理解する力が足りないことに気づきました。今回の通信教育は問題文の中に答えが書いてあったり、問題の意味をしっかりと理解していれば満点を取れていたと思います。
これらの3つの気づきから、仕事の知識はもちろんですが、一番必要なことは人間力だと感じました。ホウレンソウにしても、ビジネススキルにしても人として一番大切なことだと思いますし、仕事を効率よくより良いものにするためには一番大切だと感じました。

階層教育を受講して得たものをどのように活かしますか?

今後活かしていきたいことはホウレンソウです。もしミスをして言いづらい時も隠さずにすべて報告し、後々話が大きくならないようにしていこうと思います。また自分が作業を行っている際に、ここをこうしたら効率がいいだろうなと思ったときは、先輩方に相談し少しでも仕事を効率よく行えるようにしていこうと思います。
そして今回の通信教育でもう少し頑張った方がいいと思う部分がありました。
それは相手の話や文章が自分に何を伝えたいのか理解することです。自分は今まで説明などを受けた時も理解したと自分では思っていても数週間経って忘れていることなどよくありました。それは自分が理解しているつもりでいたからだと思います。今後は相手の話や説明資料など分からないところは素直に質問し、理解しているつもりにせず、自分の中で整理して簡単にでもいいのでノートなどにメモをしっかり取っていこうと思う。