S-Smart 作業支援

人材不足対策・技術伝承を支援する!

人材不足対策・技術伝承を支援する
インダストリアル・エンジニアリング(IE)における作業分析結果を作業手順の監視に利用することにより、効率よく改善のサイクルを廻し、製造現場の労働生産性向上を実現できます。

S-Smart 作業支援

S-Smart作業支援の仕組み

作業分析ソフトウェアの分析データを用いて、AIが標準作業を学習。
学習をもとに作業者に手順や経過時間の異常がないかリアルタイムで監視し、異常を検知した場合は警告とともに正しい
作業手順を映像で指示することで、改善サイクルを現場で素早く廻します。
S-Smart作業支援の仕組み

お困りではありませんか?

改善活動の負荷
『せっかくIEに則って作業分析を行っても、現場でちゃんと実践できているだろうか?作業日報ではその場でのアドバイスできないし、正確に書かれているか疑問もある。とはいっても現場を見廻る時間もない…』
S-Smart作業支援は監督者に代わり、リアルタイムで作業の監視を行います。実作業の分析結果もデータで残せるので
作業者も作業日報を書く手間から解放され、何より監督者の負担軽減になります。
また、画像データのみで作業者の動きを検出するので、作業者にセンサーやマーカーをつけてもらうといった負担が
発生しないのも特徴です。

  改善活動の負荷

技術伝承
技術伝承
昨今様々な企業が直面している技能伝承問題。
S-Smart作業支援は、リアルタイムで作業を
監視し、もし間違いがあったときはその場で
正しい作業手順を映像で指示します。
映像で指示するので、作業者にも正しい手順が
伝わりやすく、その場でやり方を修正できるので、作業のミス・ロスを最小限に抑えることが
可能です。改善のサイクルを現場で素早く廻す
ことができます。