H型ロケット搭載用光電式センサー

本B782型センサーは、国産H型ロケットの燃料タンク圧力を一定に保つ
コントロールバルブの開閉状態を検知、
確認を行う為に搭載用として開発したものです。
H型ロケットの燃料は零下183度の液体酸素と零下253度の液体水素ですが、
このセンサーはその極低温と打ち上げ時の振動等に耐える必要があります。
その為にセンサーを覆うカバーに使用する特殊樹脂の選択に試行錯誤を繰り返し、指先ほどの大きさしかないセンサーの開発に多くの時間を費やしました。
B782型センサーはH-Ⅰロケットに採用されたのを始め、
H-Ⅱロケット、改良型H-ⅡA・Bロケットにも採用され、
ロケット1機につき6個のセンサーが搭載されております。
現在までに約500個生産し、そのうち約300個がロケットと共に宇宙へと旅立ち、活躍しております。

写真
Hロケット搭載用光電式バルブ開閉センサーB782型

メールアドレス