Avionicsデータバスツール

弊社では、航空機用データバスであるMIL-STD-1553/ARINC-429/ARINC629などを使用した各種試験装置・モニタ/シミュレーション・ソフトウェアをお客様のご要望に合わせて開発しております。
さらに今後は、AFDX/ARINC664についても開発を進めて参ります。
また、PCMテレメトリデータ復調システムに関しても多数実績がございますので、お気軽にお問い合わせください。

写真

航空機で使用されるデータバスの代表です。

MIL-STD-1553

MIL-STD-1553は、名前の通りMIL規格に基づき開発されたバスです。
概要は、1台のバスコントローラ(BC)と、複数台(max32台)のリモートターミナル(RT)で構成され
1MBPSのビットレートで通信を行います。

ARINC-429

ARINC-429は、民間航空機に多用されている業界標準バスと言われております。
ARINC-429の他に-629/-664など様々な規格が存在します。
送信側と受信側は1本のツイストペア・シールドケーブルにて接続されます。

ご提案

航空機業界での多くの実績、データバスに関わる経験と知識を元にLabVIEWが持つ強力なグラフィカルインターフェースと直感的なソフトウェア言語によりお客様ニーズにお応えします。
ボード付属ソフトウェアでは目的を満たさない、リアルタイム制御を行いたいといった内容を是非ご相談ください。

図

納入実績

  • 汎用バステスタ/シミュレータ
  • 航空機エンジン試験用制御システム
  • その他関連システム

メールアドレス